記事の詳細

この記事は 約 4 分で読めます。


2年契約について(基本プラン編)

 

携帯を契約するときに必ずついてくる契約期間の落とし穴について

今回は書いていきたいと思います。

 

そもそも

「え! 契約期間なんてあるの!?」なんて人もいるんですが

あります。

 

そんなものがあるんです。

これは知っておかないと大変損しちゃいます。

というか知らないと後でかなり後悔します。

 

契約期間は大きく分けて2つ

契約期間というのは大きく分けて2つ存在します。
まずはプランに付随する○年契約というものと

機種の分割金に付随する○年契約の2つです。

 

プランに付随する契約期間

まずはプランに付随する契約期間について。
タイプ○○バリューとか○○プランなどの契約などに

付随しているものなのですが、これはほとんどの方が加入させられています。

 

折りたたみの携帯だと

ドコモのMAX50AUのひとりでも割などがつくと

2年契約のプランになります。

 

スマートフォンだと基本プランの中に

この2年契約のプランが組み込まれていますね

 

この2年間の契約中に途中解約する場合は違約金として

1万円ほどの解約金が発生するプランになってています。
原則はこの2年契約を申し込まないということは

ほとんどできませんが折りたたみ携帯などの

MAX50やひとりでも割などの一部のプランは外せる場合もあります。

 

ただ2年契約がない状態で契約すると

基本料金にも機種代金にも割引がつかないのでとても高い料金になってしまいます。

 

簡単にまとめると

2年間は同じ会社を使い続ける契約をしてくださいね!

その代わり基本料金や機種代金に割引をしますよ。

ただ! 途中で解約をしないでくださいね。
というプランなんです。

(機種変更場合は違約金はかかりませんあくまでも携帯会社を辞める際の解約金です。)

 

まだここまではいいのですが、

最大の注意点は、この契約期間は自動更新だということです。

自動更新なんです。

 

簡単に説明すると、

2年間の契約が終了したら1ヶ月間の更新期間の後再び2年間の契約が始まるというプランなんです。

(1ヶ月間の更新期間に解約する場合は解約金はかかりません)

 

自動更新とは

イメージとしては

2012年の5月に契約したら2014年の5月で一度契約が切れて

2014年の6月中は更新期間、それ以降はまた2年間の契約というような形になっています。

※契約期間はプランによって違うので必ず契約書などで確認して下さい。

 

結構前から契約をされてる方だと自動更新自体を全く説明受けていない方もいらっしゃいます。

なぜか。

 

実際は同意書や契約書に明記してあるのですが、

少し前までは携帯を解約したり、MNP(他社に乗り換え)などが

メジャーではなく当たり前のように同じ会社を使い続けるのが

常識だったので知らない方が多いんです。

 

逆にここ数年でされた方は

MNPが主流になっているので知っている方のが多いです。

(案内を全く確認していない人もいますが…)

 

まとめると

契約はほとんどの場合2年間の契約で自動更新プランに

なっているので必ず自身の更新期間を確認すること!

機種代金に付随する契約期間は次の記事で。

関連記事

スポンサードリンク

ページ上部へ戻る